福岡市南区の賃貸マンションの探し方

福岡に住む 賃貸マンションガイド
Home » 賃貸マンションガイド » 福岡市南区の賃貸マンションの探し方
賃貸マンションガイド | 05月03日更新

福岡市南区の賃貸マンションの探し方

ここでは、福岡市南区の賃貸マンションについてご紹介しましょう。
人口が150万人の福岡市内には、いくつも単身向けのワンルームマンションがあります。
その中で、どの賃貸マンションを選べばいいのか?賃貸マンション選びのコツについて今回説明したいと思います。

住んでよかったなと思える賃貸マンションを見つけるためには、内覧した時に細かい点に注意しなければなりません。
例えば、一番大事なのが収納です。
収納スペースが狭かったり収納スペースがほとんどないような物件もありますので、十分注意して見てもらった方がいいでしょう。
家賃が安くても、収納スペースがなければ、実際に生活するとかなり部屋がゴミゴミしてしまいます。
契約する時は、家賃の安さに惹かれて収納がなくてもいいと感じて契約する場合もあるかもしれませんが、単身マンションでも収納スペースが最低でも備わっているマンションを選んだ方がいいでしょう。

他には、排水溝の臭いには気をつけた方がいいです。
内覧した時に、臭う場合は台所の水回りの状態が良くない場合があります。
可能であれば水を流してみて、詰まらずにスムーズに水が流れるかを確認してみると良いでしょう。

後、これは入居する時のことなのですが、部屋に不具合があったときは速やかに管理会社か大家に申し出た方がいいです。
例えば網戸に穴が開いていたり、トイレやお風呂場のタイルが割れていたり、その他破損している部分が見つかった時には、内覧時もしくは入居時に申し出るべきです。
そうしないと、退去する時に自分が壊したものだと判断されて敷金から差し引かれたり請求されたりしますので、必ず相手側に報告するようにしましょう。

あとこれは不動産会社で物件を探している時にわかることなのですが、世の中には事故物件というものがあります。
この事故物件は、そのマンションにおいて何かしらの事件もしくは事故などがあった場合に、事故物件として登録され不動産会社はそれを顧客に伝える義務があるわけです。
そういう物件は少し値段がディスカウントされていることが多く、お得な家賃で住めるので、気にならない人はそれでも全然借りるので、実際にはあまり相場より安くなっていない場合もあります。
そうなると事故物件を選ぶメリットはありませんので、そうならないようあまりそういう物件は選ばない方がいいでしょう。